お歳暮カタログ

せっかくお歳暮をもらったけれど、欲しいものではなかった…

こんな話はいくらでもあります。お歳暮に限らず、結婚式の引き出物や葬式の会葬御礼、祝い金の内祝いなどなど、物を贈る機会というのはたくさんあります。

それらの機会に少しでも役に立つもの、気に入ってもらえるものを贈りたいと思うのですが、たくさんの人に同じ物を贈る場合など、全員が喜ぶ物を見つけ出すのは不可能に近いことです。かと言ってそれぞれの人に別々のものを選んで贈るというのも非現実的です。

そこで考案されたのがカタログギフトです。カタログギフトというのは、もらった人のところにはカタログだけが渡されます。そのカタログをもらった人は、カタログに掲載されているたくさんの商品の中から好きなものを選びます。こうすれば、もらった人それぞれが一定の選択肢の中から好きなものを選ぶことが出来るため、大変人気です。

これをお歳暮でも利用するケースが増えています。お歳暮と言えば、という定番商品が依然として人気なのは変わりませんが、やはり食べ物をもらっても仕方がないという人も居るでしょうし、たまたま切らしてしまった日用品があったという時にカタログにそれが掲載されていれば大変助かりますね。カタログギフトはあらゆる人のあらゆる状況やニーズに応えられるスグレモノのお歳暮です。

カタログギフトで贈るお歳暮の発注方法は実に簡単。

まずカタログギフトのカタログを見て、何円分のカタログにするかを選びます。おおむね3000円からありまして、高級なものでは2万円のものもあります。3000円のカタログには3000円相当の商品がたくさん掲載されていますし、2万円のカタログには2万円相当の高級な商品が掲載されています。これをもらった人は、カタログに掲載されている商品の中から好きなものを付属の葉書に記入して返送すると、希望の商品が届くという仕組みになっています。

3000円から2万円程度まであるとお話しすると、3000円のカタログには安物しか載っていないのでは…そう思われるでしょう。実際に見てみると、3000円でもかなり立派なものが選べます。全国各地の有名店によるお取り寄せグルメや洋菓子、和菓子、こだわりの日本酒や焼酎もあります。

カタログギフトの最大手と言えば有名なシャディ。シャディのカタログともなると、3000円から500円刻みでカタログが用意されています。しかも、最高級はなんと10万円のカタログで、中を見てみると有名ブランドのバッグや家電、マッサージチェアなどがありました。

やはり10万円ともなると高そうなものばかりですね。

毎年選ぶのに疲れてしまった方はご検討してみてはいかがでしょうか?

お歳暮もインターネット時代

インターネットの発達により、何でもインターネットで買える時代になりました。

お歳暮も例外ではありません。

インターネットでお歳暮を発注して、指定の場所、指定の期日に届けることが可能になりました。元々はギフト商品の通販業者が始めたサービスでしたが、現在では百貨店もスーパーもコンビニエンスストアもこぞってインターネットにお歳暮専門のサイトを設置しています。

実際にこれらのサイトを見てみると、実に分かりやすく面白いサイトばかりです。各社趣向を凝らしているのがよく分かります。カタログもいわゆるホームページという形式になっているものだけでなく、印刷物として配布されるカタログそっくりに作られたものもあります。文字の大きさを変えることが出来たりするのは年配のお客さんを意識してのものだと思いますが、印刷物では出来ないことなので便利だと思います。

筆者もこのサービスを実際に利用したことがあります。大手百貨店が設置していてるお歳暮サイトからお歳暮を送ってみたことがあるのですが、全て私が希望した通りになっており、しかも窓口で発注するよりも数パーセント安いということで大変満足できました。

この数パーセントというのが味噌です。お歳暮シーズンになるとお歳暮発注コーナーにはたくさんの窓口が設けられて臨時社員が人海戦術でお歳暮の注文を受けます。これらの人々にかかる人件費は相当額になるようで、お歳暮商戦は稼ぎ時であるのと同時にコストが膨らむ時期でもあります。

インターネットでの受注となると、サイトを維持する費用と、注文を受けた品を実際に発送する部署の費用だけです。注文を受けた品を発送するという作業はインターネットを利用しなくても同じなので、お歳暮特設コーナーのコストを削減できることになります。

インターネットを経由したお歳暮の発注はこの分だけコストが安くなるので、価格に反映しています。お歳暮を受け取った人にしてみれば、窓口で送ったものであってもインターネットから送ったものであっても全く同じなので区別はつきません。全く同じなら少しでもお得な方法でお歳暮を、とお考えの方にとっては、インターネット発注は最適です。

インターネットの検索エンジンで「お歳暮」というキーワードで検索するだけで、百貨店のお歳暮サイトをはじめ膨大な数のサイトが表示されます。中には何かのメーカーが直接お歳暮発送を受け付けているところもあります。これらの商品は百貨店のサイトにはないので、ちょっと変わったものを贈りたいと思うなら、これらの専門店もおすすめです。

お歳暮百貨店神話崩壊?

最近ではちょっと大きなスーパー(業界用語でGMSと言います)にお中元やお歳暮のコーナーがあることにお気づきでしょうか。お中元・お歳暮のシーズンでなくても菓子折りなどを売っているコーナーがあります。従来は百貨店の地下にしかなかったような光景です。

これらのコーナーではお歳暮を発送することが出来ます。百貨店のドル箱商売であるお中元やお歳暮にスーパーも参入した結果なのですが、これまでの価値観ではお歳暮は百貨店から届くものというイメージがあります。

スーパーのお歳暮とはどういうものなのでしょう?

さらに、スーパーだけでなくコンビニエンスストアでもお中元・お歳暮を受け付けるようになりました。もちろんスーパーのようなスペースはないので、一部の見本を並べてそこから選ぶか、カタログを配布してそのカタログにある商品を発送依頼するようなスタイルになっています。
スーパーやコンビニエンスストアのお歳暮について詳しく見てみましょう。

スーパーやコンビニエンスストアのお歳暮は、まず百貨店より安いことが大きな特長です。百貨店にはブランド力がありますから、その分価格にも反映されていますがスーパーにはそれがありません。何せ日々の買い物をするところですから、貰った側も安いものかもという印象を持つことがありそうですが…?

ここに最近の私たち日本人の大きな価値観の変化があります。百貨店のものでないと良いものとは言えないという百貨店神話が過去のものとなり、スーパーにも良いものは当然あるし、同じ予算ならスーパーのほうが良いものを贈ってもらえるということで、外見やブランドよりも実を取る風潮があります。かつては誰もが高級車に乗ることを目標としていたのに対して、現在はお手軽に買えて維持も楽な軽自動車を購入する傾向があるのと同じです。見栄よりも実際に便利なもの、有利なものを選択する時代なのです。

スーパーは日々の買い物で訪れる場所ですから、お歳暮のためだけにわざわざ百貨店まで出かけていく必要がありません。そのため便利ですし、百貨店よりも安いということでこれまでお歳暮を出していなかった人にも出せるようになるかも知れないという意味で、実を取ることが出来ます。

また、これは実際に聞かれる声なのですが、ほとんどのスーパーにはポイントカードがあります。お歳暮も同じスーパーで送るとポイントがたまるのでお得だというのです。まさに実を取る現代ならではの発想ですね。

お歳暮といえば・・・

かつてはお歳暮をどこで買うのか、というと百貨店しか選択肢がありませんでした。現在ではスーパーやコンビニエンスストアもお中元・お歳暮商戦に参戦しており、必ずしも百貨店でなくても良くなりました。

それでも百貨店のお歳暮コーナーがオープンすると季節の風物詩のごとくニュースで報道されますし、毎年特設のお歳暮コーナーが盛況になる風景は変わりません。ここでは百貨店のお歳暮についてお話します。

 お歳暮と言えば百貨店。これは古くから私たちの頭にある強いイメージです。私が子供の頃、毎年シーズンになると両親に連れられて近くの百貨店までお歳暮の発注に行ったものです。毎年全くと言っていいほど同じ光景になるので、ある意味すごいなと子供ながらに思ったことを覚えています。

現在年配の方にとってはお中元やお歳暮は百貨店から届くのが当たり前だと思っていることが多く、実際に年配の方にお歳暮を贈る場合は無条件に百貨店が利用されています。

 百貨店のお歳暮とそうでないところからのお歳暮。どこで判別するのかと言いますと、それは包装紙と送り状です。百貨店には伝統的に使用されている包装紙があります。島屋ならバラ、他の百貨店でも包装紙には必ずロゴが入っています。お歳暮を受け取った人は、まずこの包装紙に目がいきます。そして、誰から届いたものなのかを見るために送り状を見ます。この両方で百貨店から送られたものであることが分かりますから、贈る人はこのために百貨店を利用していることになります。もちろん他の方法で送ることも出来ますし、そのほうが安いかも知れませんが、包装紙と送り状のブランド力に安心感を感じるのが私たち日本人なんですね。

お歳暮にはのし紙が付き物ですが、こののし紙にも百貨店のロゴや名前があしらわれていることがあります。例えば島屋ののし紙には全体的にバラ模様が印刷されており、ここでもさりげなく百貨店のお歳暮であることがアピールされます。

 百貨店というのはあらゆる小売店の中で最高峰を占めるお店です。値段は高くてもフルサービスで間違いのない商品しか置かないというのが百貨店のイメージです。現在日本各地で産地や原材料、賞味期限の偽装などが取沙汰されていますが、価格競争よりも品質で勝負する百貨店にとってはある意味無縁の騒動かも知れません。値段は高いが確かなものしか売っていない、そんな百貨店のブランド力がお歳暮などのご挨拶には最も威力があるのです。


お歳暮を選ぶ時の心得

 せっかくお歳暮を贈るのなら、少しでも喜ばれる物を選びたいのが人情です。本当にお世話になった方への感謝の気持ちを贈るのであればもちろんですし、そうでない場合(例えばお仕事を回して欲しいと思っている相手)の戦略的なお歳暮でも先方に喜んでもらって印象に残るようなものを贈りたいのは当たり前のことです。

 それではどんなものがお歳暮として一番喜ばれるのでしょうか。お歳暮の人気商品を見ているとその答えがありそうなので、お歳暮の売れ筋商品を見てみることにしましょう。

 お歳暮の商品と言えばまずどんなものを思いつきますか?ビールなどのお酒類、コーヒーや紅茶、海苔、かつお節、洋菓子、和菓子、缶詰、佃煮、漬物、タオル、洗剤・石鹸・入浴剤…こんなところでしょうか。
 
 ずばり、これらはどれもお歳暮の人気商品です。すでに社会人の方ならもらったことも贈ったこともあるかも知れませんし、そうでない未成年の方も親御さんにこんなものが届いた記憶はありませんでしょうか。
昔も今もこれらの商品は定番となっており、現在も変わることはありません。

 但しその中でも贈る相手によって適しているものとそうでないものがあります。まず、一番良くあるのがお酒を飲めない人にお酒を贈るケース。ビールセットは昔からお歳暮の定番商品で、ビールが好きな人にとっては非常に嬉しいお歳暮ですが、お酒を飲まない人にとっては無用の長物です。「私はお酒が飲めないのでお酒は贈らないで欲しい」と貰う側が言うのも厚かましいですし、やはりこれは贈る側がしっかりと相手の状況について把握しておく必要があります。これはワインや焼酎などについても同じです。

 お子さんが居るご家庭に贈るのでお菓子のセットやカルピスなどのジュースのセットを贈るというのも、一見すると配慮があるように見えますが、先方のご家庭がお子さんに甘いものを与えない方針だったら、逆に迷惑となってしまいます。最近よく見られるケースとして、お子さんに食物アレルギーがあって鶏肉や卵を食べられないのに卵をふんだんに使った洋菓子のセットが届いてしまうケース。これもせっかくの志が伝わりにくいばかりか、先方のお子さんが寂しい思いをしてしまうことにもなります。

 無用の長物であってもお歳暮が贈られるというのは嬉しいものです。ですがやはり印象に残る贈り物や本当に役立つ贈り物を、という工夫をすることは相手のことをしっかりと考えることでもあります。お歳暮に限らず、贈り物の本来の姿ですね。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。