お歳暮の相場


お歳暮の相場は3000円〜4000円が最も一般的で、百貨店のお歳暮コーナーに行ってもこの価格帯が一番品揃えも豊富です。
3箇所にお歳暮を贈るとなると予算は1万円少々ということになります。1万円となると決してバカにならない金額です。これを安くすることは出来ないのでしょうか。

あらゆる商品に価格競争があるように、お歳暮にも価格競争はあります。中には価格が安いことを売りにしているところもあり、要注目です。

調べてみると、こんな商品がありました。
シュガーレスキャンディの「サンスターDo」の60袋セットが1380円(通常価格13800円)、讃岐そうめん2kg(通常価格3675円)など。
どちらも元は結構なお値段のものなので、届いた先でも全く遜色はありません。むしろ普通の3000円クラスのお歳暮よりもはるかに「高そうな」お歳暮が届くことになります。
お歳暮は本来見栄を張るためのものではありませんが、やはり高そうなものを届けたいと思うもの。激安価格のお歳暮もひとつの選択肢だと思います。なお、これらの商品はインターネットでお歳暮+激安というキーワードで見つけることが出来ます。

最近では虚礼廃止の方向性から、企業同士が高額のお歳暮をやり取りすることが少なくなりました。かつては企業が自社のイメージを背負って贈るお歳暮だったので、贅を尽くした品物が多数見受けられました。
ですが高額な品物ほど、せっかくもらうのだから少しでも喜ばれるものを贈りたいと思うのは当然です。5万円も出して相手が気に入らない物を贈ってしまったらもったいないですからね。

そこで最近では高額な贈り物ほどカタログギフトを利用するケースが増えています。別の項でもお話しましたが、カタログギフトの最大手シャディが提供している高額ギフトは最高で10万円のものがあります。
10万円ともなるとさすがに高すぎる気もしますが、他のカタログギフト各社にも5万円コースくらいまでならラインナップがあります。主な商品を見てみると家具や家電品などの耐久消費財が目立ちます。
数千円のコースなら食べ物がほとんどだったのですが、万単位になるとこのように一度食べたり使ったらおしまい、というものは少なくなります。
中には豪華ディナー付きクルージング券というものもありましたから、これだとまさに一度使ったらおしまいです。5万円のお歳暮が一回の食事で終わってしまうというのも、何とも贅沢な使い道ですね。

もちろんお歳暮は日頃の感謝の気持ちを表現するためのものですから、価格が高い安いという問題ではありません。
ですが景気が回復局面にある昨今、これらの高額お歳暮は順調に売り上げが伸びているそうです。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。