お歳暮のお礼


お歳暮はお祝いなどではなく、日頃お世話になっている方への感謝の気持ちを表したものなので、贈られた側がお返しをする必要はありません。

ですがもらいっ放しには出来ないのが日本人の国民性。目上の人や目下の人ではなく対等な間柄の場合は同等の品物でお返しをすることもあるようです。
その場合はお歳暮のシーズンを過ぎていることも多く、またお歳暮という性格とは異なることからお年賀という名目で贈るのが妥当だとされています。

それ以外に、目下の人から届いた場合や、仕事などの取引関係から届いた場合はお返しこそ必要ありませんが、お礼状は出すべきだとされています。
お礼を伝えるだけなら電話やメールでも良いのでは、というのは現代の考え方です。これらの方法は略式と呼ばれ、要するに「手抜き」だと認識されています。
また、昔ながらの作法で目下の人が直接持参して届けてくれた場合は、お歳暮を受け取る目上の者の礼儀として「御移り」というちょっとしたお返しを渡すのが正しい作法です。
最近ではほとんどないと思いますが、このようなお歳暮が予想される人は、御移り用にハンカチ、靴下、クッキー、和菓子などを用意しておくと良いでしょう。

さて、ここで登場したお礼状。あらゆる感謝の気持ちを表すためにあるのですが、これにも作法があります。恥ずかしくないお歳暮のお礼状の書き方についてお話したいと思います。
まずお礼状というのは手紙ですから、封書または葉書にて送ることになります。手紙には一定のマナーがありますから、それにのっとって文章を作成します。手紙の始まりは「拝啓」、そして次には季節のご挨拶。お歳暮をもらうのは年の瀬ですから、季節のご挨拶は冬のものを、その中でも歳末のものを書きます。「年末余日少なき折」などが良いと思います。
その後はもらった物に対するお礼を述べます。ありがたいものを頂戴した、ということを正しい文章で書けば良いので、「まことに結構なお品」「丁重なお歳暮のお品」「丁重なお歳暮のご挨拶」に対して「本当にありがとうございます」「厚く御礼申し上げます」などで受ければ良いでしょう。

見本として「本日は丁重なお歳暮のお品を頂戴し、厚く御礼申し上げます。いつもお世話になり私がご挨拶するべきところを、いつもお心にかけて下さいまして恐縮に存じます。」…

目上の人や取引関係の方ならこれくらい丁寧な言い回しが良いと思います。
手紙ですから、最後は「敬具」と締めくくり、日付と名前を入れて完成です。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。