お歳暮カタログ

せっかくお歳暮をもらったけれど、欲しいものではなかった…

こんな話はいくらでもあります。お歳暮に限らず、結婚式の引き出物や葬式の会葬御礼、祝い金の内祝いなどなど、物を贈る機会というのはたくさんあります。

それらの機会に少しでも役に立つもの、気に入ってもらえるものを贈りたいと思うのですが、たくさんの人に同じ物を贈る場合など、全員が喜ぶ物を見つけ出すのは不可能に近いことです。かと言ってそれぞれの人に別々のものを選んで贈るというのも非現実的です。

そこで考案されたのがカタログギフトです。カタログギフトというのは、もらった人のところにはカタログだけが渡されます。そのカタログをもらった人は、カタログに掲載されているたくさんの商品の中から好きなものを選びます。こうすれば、もらった人それぞれが一定の選択肢の中から好きなものを選ぶことが出来るため、大変人気です。

これをお歳暮でも利用するケースが増えています。お歳暮と言えば、という定番商品が依然として人気なのは変わりませんが、やはり食べ物をもらっても仕方がないという人も居るでしょうし、たまたま切らしてしまった日用品があったという時にカタログにそれが掲載されていれば大変助かりますね。カタログギフトはあらゆる人のあらゆる状況やニーズに応えられるスグレモノのお歳暮です。

カタログギフトで贈るお歳暮の発注方法は実に簡単。

まずカタログギフトのカタログを見て、何円分のカタログにするかを選びます。おおむね3000円からありまして、高級なものでは2万円のものもあります。3000円のカタログには3000円相当の商品がたくさん掲載されていますし、2万円のカタログには2万円相当の高級な商品が掲載されています。これをもらった人は、カタログに掲載されている商品の中から好きなものを付属の葉書に記入して返送すると、希望の商品が届くという仕組みになっています。

3000円から2万円程度まであるとお話しすると、3000円のカタログには安物しか載っていないのでは…そう思われるでしょう。実際に見てみると、3000円でもかなり立派なものが選べます。全国各地の有名店によるお取り寄せグルメや洋菓子、和菓子、こだわりの日本酒や焼酎もあります。

カタログギフトの最大手と言えば有名なシャディ。シャディのカタログともなると、3000円から500円刻みでカタログが用意されています。しかも、最高級はなんと10万円のカタログで、中を見てみると有名ブランドのバッグや家電、マッサージチェアなどがありました。

やはり10万円ともなると高そうなものばかりですね。

毎年選ぶのに疲れてしまった方はご検討してみてはいかがでしょうか?

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。