お歳暮百貨店神話崩壊?

最近ではちょっと大きなスーパー(業界用語でGMSと言います)にお中元やお歳暮のコーナーがあることにお気づきでしょうか。お中元・お歳暮のシーズンでなくても菓子折りなどを売っているコーナーがあります。従来は百貨店の地下にしかなかったような光景です。

これらのコーナーではお歳暮を発送することが出来ます。百貨店のドル箱商売であるお中元やお歳暮にスーパーも参入した結果なのですが、これまでの価値観ではお歳暮は百貨店から届くものというイメージがあります。

スーパーのお歳暮とはどういうものなのでしょう?

さらに、スーパーだけでなくコンビニエンスストアでもお中元・お歳暮を受け付けるようになりました。もちろんスーパーのようなスペースはないので、一部の見本を並べてそこから選ぶか、カタログを配布してそのカタログにある商品を発送依頼するようなスタイルになっています。
スーパーやコンビニエンスストアのお歳暮について詳しく見てみましょう。

スーパーやコンビニエンスストアのお歳暮は、まず百貨店より安いことが大きな特長です。百貨店にはブランド力がありますから、その分価格にも反映されていますがスーパーにはそれがありません。何せ日々の買い物をするところですから、貰った側も安いものかもという印象を持つことがありそうですが…?

ここに最近の私たち日本人の大きな価値観の変化があります。百貨店のものでないと良いものとは言えないという百貨店神話が過去のものとなり、スーパーにも良いものは当然あるし、同じ予算ならスーパーのほうが良いものを贈ってもらえるということで、外見やブランドよりも実を取る風潮があります。かつては誰もが高級車に乗ることを目標としていたのに対して、現在はお手軽に買えて維持も楽な軽自動車を購入する傾向があるのと同じです。見栄よりも実際に便利なもの、有利なものを選択する時代なのです。

スーパーは日々の買い物で訪れる場所ですから、お歳暮のためだけにわざわざ百貨店まで出かけていく必要がありません。そのため便利ですし、百貨店よりも安いということでこれまでお歳暮を出していなかった人にも出せるようになるかも知れないという意味で、実を取ることが出来ます。

また、これは実際に聞かれる声なのですが、ほとんどのスーパーにはポイントカードがあります。お歳暮も同じスーパーで送るとポイントがたまるのでお得だというのです。まさに実を取る現代ならではの発想ですね。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。