お歳暮のあれこれ

 そろそろ皆さんこれでお悩みの時期なんじゃないでしょうか?
今では虚礼廃止ムードの広がりや、企業の予算が縮小することによって以前ほどお中元やお歳暮の習慣というのは活発でないように思います。

 ですが、それでも毎年時期がやってくるとお中元やお歳暮を意識したテレビコマーシャルが流れますし、百貨店では特設コーナーが盛況になります。何かのご挨拶を手ぶらで出来ない私たち日本人の国民性というのは千年経っても変わらないということですね。

 さてお歳暮とはそんな慣習の中で、歳の暮れのご挨拶をするためのものです。古くは「歳暮の礼」と呼ばれて新年を迎えるために必要な食べ物などを親元や本家に持って行くという風習から始まったものです。現在では食べ物や生活物資が不足しているという時代でもありませんから、お世話になった人に一年間のお礼とご挨拶を兼ねて物を贈る風習へと変化しました。こういった礼儀を尽くす日本の風習は、いつまでも続けて行きたいものですね。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。